千葉の太陽光発電について

産業改革から、現在に至るまでの間に我々の暮らすこの星は人間活動の影響を大きく受け、ずいぶんと汚染されてしまいました。

今もなお、そのような問題は健在であり現状を打開するよう努力を重ねる必要があります。

今、地球に起きている問題の一つとして地球温暖化問題と言うものが存在し、それが地球に与える悪影響は、十年以上前から示唆されています。

先進国のような経済力の高い国では、この問題を解決しようと様々な行動を起こしていますが、途上国のような貧しい国では、温室効果ガスや有害物質が多く排出されており、一向に問題が解決しない状況が続いています。

先進国である日本でも、地球温暖化問題を食い止めようとする動きがあり、数年前には温室効果ガスの国内総排出量を大幅に削るとの公表がなされました。

実際に公約した、排出量の規制を貫く事は出来ませんでしたが、排出量の削減について日本は他の国と比べてもかなりの努力をしています。

では、温室効果ガスの排出を削減するためには、どのような方法が用いられるのでしょうか。

地球の温度を高める気体は何種類か存在しますが、その大部分は二酸化炭素です。

この気体は非常に安定的な構造をしており、現代の技術ではこれを分解する事は出来ません。

よって一度、二酸化炭素を排出すると長い間地球大気にとどまり続けて地球温暖化が悪化してしまうのです。

この問題を解決するにあたり、いかに温室ガスの排出量を抑えるかが問題となって来ます。

そこで、近年注目されているのがクリーンエネルギーと呼ばれる、石油に変わるエネルギー資源です。

このエネルギーは、温室ガスはおろか有害物質が全く排出されません。

中でも日本では太陽光発電への注目が高千葉くなっています。

このエネルギーを推進するため、様々な助成を行う市町村も多く存在します。

では、千葉における太陽光発電の在り方はどのようになっているのでしょうか。

太陽光パネルを設置するには、かなりの資金が必要であり、負担が大きいものではありますが、この県では、太陽光パネル取り付ける家庭のために一般向けの助成として、工事費用の一部を負担してくれる市町村が多く存在します。

まだまだ、数も少なく補助金もあまり多いとは言えないので一般への浸透率は低いですが、これからの国の政策次第で今後その数も大きく増えて行くでしょう。

千葉県は、東京や神奈川と行った大都市と比べて土地も広く所有しており、パネルの設置箇所も多いので、この県ではもっと太陽光発電の利用を推進して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です