色々な電力

今私たちが利用している電気。

電気が世界で利用され始めてから様々な発電方法が誕生しました。

そして次々に進化して、今はクリーンエネルギーの時代。

火力発電はCO2が大量に排出される。

原子力発電は放射能の危険がある。

クリーンエネルギーと呼ばれている風力発電は騒音問題で、近隣住民が苦しんでいます。

水力発電には莫大な建設費用が必要。

しかし太陽光発電であれば、一般家庭でも個人的に取り入れる事が可能で、地球にも優しいのです。

発電効率の悪さが問題視されていますが、それを補う事の出来る技術力が日本にはあるはずです。

昼間に集めた電力を電力会社に売却する事も可能ですし、新築やリフォームの際、太陽光発電を取り入れる家庭も実際に増えてきています。

どんな発電方法にもメリットがありデメリットは存在します。

しかし、そのデメリットが地球環境に大きく影響するのと影響しないのでは全然違ってきます。

東日本大震災で大きく問題になっている原発。

今でこそ問題視されて大きく取り上げられていますが、震災以前から存在しており、ずっと反対運動は起こっていました。

原発で生み出される電力は原爆を作る原理と同じです。

少し力の入れ方を変えれば電気が爆弾に変わります。

日本は世界で原爆の怖さを知る唯一の国。

そして、東日本大震災での原発問題。

私の気のせいかも知れませんが、ここ最近CMで以前より太陽光発電のCMを観る事が増えた気がします。

1日1回は太陽光発電のCMを見る、という方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電とエネファームを合わせた「ダブル発電」なるものもでてきていますよね。

東日本大震災の影響で、様々な地球や環境に優しい、さらには人体に影響のない発電方法が見直されています。

脱原発を訴えている方を多くみられますが、しかし一方では計画停電の反対も見られますよね。

今までと変わらない生活をして、変わらない膨大な量の電気の量を使っているのに、いままで電力の主体だった原子力発電をなくしてさらには計画停電等もしない・・・それは無謀なことだと思います。

だったらせめて、自分の家だけでも電気を太陽光発電やエネファームにして、原発に頼らない生活の一歩を踏み出してはいかがでしょうか。

原発を作ったのは人間です。

原発をなくすことができるのも人間です。

地球上のすべては人間にかかっているといえるでしょう。

地球に優しい太陽光発電やクリーンな生活で、明るい未来にしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です